スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
自分史


大きな押し入れの中の引き出しにあった思いでBOX。
生まれた頃の写真とか幼少のサイケデリックな絵画とか出てきました。おそらく小学校低学年の時に書いたと思われる作文が出てきたので転載してみます。

「自分の名前」

『ぼくの名前は「長村創(おさむらはじめ)」です。ぼくは、この名前がすきです。そしてあだ名は「サムライ」です。どうしてこんなあだ名かというと、おさむらにいをつけたらおさむらいだからです。だれがつけたかわかりませんが、ぼくにはいろんなあだ名がつけられています。さば、というあだ名やおさむSOS、そんちょうというあだ名はきらいです。東くんは、なぜかぼくの名をそうよびます。

ところがなぜ創という名前になったのかわかりません。小さいころは何とも思わなかったのにこのごろ気になりだしました。どうしてこうなるのかお父さんに聞いてみました。すると、昔はお父さんも「サムライ」とよばれてたそうです。

「どうして創という名前になったの、お父さんにもお母さんにもない名前なのに」
とぼくが聞くと、お父さんは
「はじめらしかったから。」
と言いました。
ぼくはお母さんと、お父さんでそうだんしたんじゃなくお父さんだけの意見をそのままにしたと思いました。次に、「父さん、もしもぼくが女の子だったらどんな名前にしてた。」
と聞くと、
「そうじゃやあ、あゆみという名前じゃや。」
といいました。
ぼくは今の名前の「創」という名前でけっこうです。
次に、「また聞くけど、ふつうはかん字が二つなのにどうして一つなの。」
と聞くと
「一つが、かっこよかったから。」
と言いました。
ぼくの名前は、二文字でも一文字でもいいなと思いました。次に、
「お父さんこの名前だれがいつ決めたの。」
と聞くと
「創が生まれてすぐつけた」
といいました。ぼくは、生まれる前に名前をつけておいてほしかったです。
それにもうひとつふしぎなことがあります。ぼくの弟のそのまた弟も、ぼくもそれぞれ、名前がちがうのになぜか創(はじめ、そう)聡(さとし、そう)宗(しゅう、そう)なのです。ぼくは、それぞれちがうかんじなのに、ちがう読み方では、そう、そう、そう、なのです。
ぼくはこの読み方はすごくふしぎに思いました。ぼくは名前といっても色々な読み方があるんだなあ、と思いました。』

というはじめ少年の気持ち、すっかり大きくなっても持っています。

つけてもらった名前、追い越したいですね。

明日大阪戻ります。

一足先に大阪戻ったせきしんから相当寒いから気を付けてと電話がありました。

大阪、全開で肩の力抜いてぶっこみます。

よっしゃ。


未分類 | 21:32:59 | トラックバック(0) | コメント(3)
神戸~

神戸のライブを経て、島に帰ってきました。

神戸では新曲をお披露目できて、ライブも集中力のある時間が作れたのではないかと思っています。

まだまだ足りないところも十二分に感じながらも、良い顔のあなたに会えたことが素直に嬉しいです。このありがとうは次に必ずバウンドさせます。

我々はこの道をまっすぐに進むのみであります。独自の研ぎ方で作る音楽の武器を。

打ち上げではしっかり飲んで、始発で帰宅のつもりがしっかり寝てしまい焦りました。なぜ焦ったかというと、、飛行機にぎりぎりだったからです。実は、わたくし島に帰ってきています。
2/26~帰省しているので結構な期間ゆっくりしているのですが、せきしんも一緒に帰って、島で飲んだりアーケード街をぶらぶらしたりと実に云年ぶりに休暇の為の実家を味わっています。やはりご飯が半端じゃなく美味しいし外を歩けば潮の香りで指先まで潤うような感覚になります。

どんどん自分に戻っていく感じは、この島に生まれた事を教えてくれているみたいです。

お墓参りだったり、なかなかできなかった事をして(せきしんは家の草むしりしたそうです)帰って母親の作ってくれたごはんたべて、父親と談笑して、喧騒や日々のそれらが消えていくのを実感しました。

去年のFANDANGO NIGHTでお世話になった方々にもご挨拶して、帰る場所、この島のぜんぶにありがとうです。

特に行きたい場所なども作らず家にいたりするので、ふと自分の昔を思い付いてアルバムや文集なんかを開いてみたりしています。

今日中にまたブログUPするのでまた観てみてください★

写真は両親からのバースデーケーキ。めっちゃうまかったす。あとこのローソクにしかけがあって、火をつけて台に乗せるとハッピーバースデーソングをピロピロと奏でてくれるのです。しかしちょっとだけ壊れててスイッチOFFができないため、エンドレスリピートで聴きましたとさ(笑


未分類 | 08:01:21 | トラックバック(0) | コメント(0)
欠けボタンの浜
音の輪in京都Tranq room終了しました。

今回引っ張ってくれたアベ君、Tranq roomの方々、ちえちゃん、organic stereoさん、お世話になりました、ありがとうございます。

最近のはじめとせきしん、おカフェにお誘いいただく機会もしばしば出て参りました。ありがとうございます。完全においしそうなコーヒーを見ながらも頼むのはビールです。うまい。みんなで飲むのがうまい。

Tranq roomはお酒もさながら、ごはんもめちゃくちゃおいしそうで、運ばれて行く料理の香りで完全ノックアウトでした。Nabowaのポスターいっぱい貼ってあるのも良い感じです☆

京都のsole cafeの時も思ったのですが、着飾らない店内の雰囲気は僕みたいに普段カフェにひとりで行けない方でも気軽に入れます。

とっておきのデートスポットにばっちりやもね。下調べ派の男性諸君は彼女と行く前に俺とお茶しばきにいきましょか(笑

お近くにお立ち寄りの際は是非☆

ライブはみんな個の世界観出しまくりでした。基本的に弾き語りスタイルはその人の「渦」の大きさがものを言うと思っていて、音楽と一緒にどこまで巻き込めるかを感じながら聴くとまた広がりが違ってオモシロイです。

今のあなたにアンサーを出してくれる衝撃を120%で体感できるのがライブの良い所ですね、僕らはどう映りましたでしょうか?

終演後はそのままTranq roomでゆっくり。おつまみでいただいたあのあれ…ナチョス?(三角のチップにチーズと赤いソースかかってるの)が激しく美味しかったです。アベ君とギターの話もしつつ、素敵な弦情報をいただきました。試してみます。

せきしんと一日の事を話ながら終電で帰宅。

今晩もきっと見れるかもですが、月がでかくていい感じです。

色んな出会いや別れや再会や決別がありますね。伝えたかった事の半分も伝わらなかったり、相談に乗るつもりが全部自分のエゴだったり、相手に必要なものだけ自分からあげるというのは難しいです。

最後には、みんなが独り立ちするための階段と思っています。目的から少し脱線したとしても、それは何かのメッセージだったりもします。気づくかどうかは自分次第。

目の前の人を、改めて大事にしようと思いました。

そんな夜でした。

次は25日、云年ぶりにローカルアートと一緒です。cosmic triggerもこないだ振り。楽しみです。

未分類 | 14:21:11 | トラックバック(0) | コメント(0)
明日は京都!!

最近寒すぎるけどやっぱり雪見ると感情腺がグッとアレしますね。

年始の一人旅で雪に翻弄されたり、雪遊びしたりして「こりゃもう一年分は味わったぜ」と思ったのですが、やっぱり積もると見てしまいます。雨が降るなら雪が降ってほしいと思う今日この頃。

我々は今新曲作成にもりもり取り組んでいます。せきしんのストックもたくさんあるみたいで、毎回スタジオの時に早く僕らに披露したい的な雰囲気をビシビシ感じます。彼の歌はやっぱりすごく良いです。今まで毛嫌いしてしまっていた楽典なんかも開きつつ新次元に挑んでいるのですが、音楽のなかなかの深さとシンプルさに発見が耐えません。

そんな最中、僕の部屋の隣に住む"森のおじいちゃん(家の中にたくさんプランターを置いている)"からとうとう苦情が入ってしまいました。
「深夜の楽器の演奏は控えて下さい。眠れずに困っています。」

んもう大変申し訳ない。。

夜ね、たまにおっきな音出してたから、ごめんなさい、控えます。それ以来常時ヘッドフォンor音量2くらい。低音削りめで。

2011年が始まって2ヶ月経ちますがいかがお過ごしでしょうか。

僕は体も健康で風邪もひかずに今まで過ごせています。

最近晩御飯を食べるとたいへんな睡魔に襲われるので、起きていたい時などにしばしば晩御飯を抜くようにしてから変な痩せ方をしました。顔がコケだすと目のクマとあいまって非常に危険な顔面になります。顔色大事すね、顔色。

3月、4月とバンドのライブが決定しました。3月はひっさびさのFANDANGO!!

それと2月は明日19日が京都ではじめとせきしん、25日が神戸でSOUTH BLOW、どちらも楽しみです。ひょっこり抜き打ちで新曲やる可能性も否めませんので、LIVE要チェックでお願いします。

春の陽気で昼寝なんかも良いですね。

彩りある一日を。


未分類 | 15:46:09 | トラックバック(0) | コメント(1)
家の鬼、リビングで寝てました
節分。

まるかぶり寿司を教えてもらったのは大阪にきて三年たった時でした。

あまりなじみがなくて毎年できてるわけではないですが、今日は晩御飯それにしてみます。豆まくのは結構好きです。鬼に巻かねば、どこにおる、鬼。


二月の頭から自分に使う時間ができつつあるので昨日はこれでもかと楽器屋巡りと久々にCDを買いに行きました。妙な出会いもありつつ、土岐麻子とセカイイチの新譜を購入。封を切ってCDを入れる時の胸踊る感じはたまらないものがありまっす。歌詞を読んだり音に聴きいったり、だいぶ贅沢な時間。

次のダッシュまでもうすぐです、しっかり準備します。

鬼の名前をよくイベント名に入れるわが家の鬼はリビングで爆睡してました。枕元に豆置いとこうと思います(笑

未分類 | 16:33:17 | トラックバック(0) | コメント(1)
前のページ 次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。