スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
9月24日の事
心にもお腹にも顎にも両親と島の愛情をたっくさんつけて大阪に戻ってきました。

奄美大島龍郷町りゅうゆう館、来て頂いた皆様、本当にありがとうございました。
結成してからずっと雨男がいるのではないかという疑惑がある僕とせきしんですが、しっかり今回も来島する日程に合わせて台風を呼んでしまい、
メンバーそれぞれの飛行機が無事到着した事を聞くと、ほっと胸を撫で下ろしていました。

10周年、という区切りについては僕が島を離れて大阪で生活すると決めてからの年数に等しいわけで、バンドの思い出も個人的なこともそれはそれはそれはたくさんありました。
10年あったら人も環境も変化があって当たり前だし、結婚してたら子供だっているかもしれないし10年目の記念日は盛大にお祝いするでしょう。
10年間、僕はこのバンド通して信じ続けている事が2つあります。それは結成してからも変わらずにあって、今も自分の中にあるものです。
今は口にはしませんが、次に何かの節目をお祝いすることがあればもしか。

9月24日までの道程は、せきしんが指揮と段取りをほとんど組んでくれたお陰で、ぼくは当日までライブのことを考えるのに集中できました。
せきしんの頭の中にある構想、ライブの雰囲気、すべての空気を感じれたのはすごく新鮮で、来てくれる一人一人のお客さんのことはもちろん、スタッフや身の回りの人全員の事を考えて最後まで笑顔で!!はさすがの一言に尽きます。(お客さんの中に高齢者の方もいらっしゃたのにも関わらず、2時間余りの演奏中、外に出られる方がほとんどいなかったとの事です。)

当日は最初の一音を出すその時まで緊張し倒してましたが、いざ始まると途中の一人弾き語りパート、島唄者の前山真吾君を招いてやるとこまでは一瞬で、その時間ステージを袖から見てたのですが、せきしんや彼と一緒に高校3年の時に自主制作音源を作ってから10年、また同じステージに立ててるんだと実感したときは心の奥がぎゅっとしぼられるような感覚でした。

ステージに戻ってから最後まで、視力の悪い僕の目にも見えるくらい愛に包まれた空間で、ありがとうがどんだけ言っても足りないくらい、一人一人に伝える気持ちでそこに立っていました。

言葉にすると足りない所がたくさんあります、もうひとつあなたまで届ける為に再会の約束があるのでしょうか。
島で育って今ここにいる事に意味があるなら、それをやるためにバンドをしていると思います。
自分から音楽を取っても何か残るくらい深みのある人間にはなりたいですが、日記やラブレターは夜中に書くものじゃありませんね。この時間は連れていかれます(笑)
まとまらないですが、、今年いっぱいかけてこの気持ちを言葉にしていきます。

心から、ありがとうございました。

今月はFANDANGO24歳の誕生月で、10月最後の日に10周年の僕らは、FANDANGOの24歳(超先輩)をお祝いします!!
この感じを共に。待ってます。

スポンサーサイト
未分類 | 05:11:07 | トラックバック(0) | コメント(5)
肩まで使って30秒
先日バンドでミーティングがありまして、来月の島の事であったり10周年記録として色々と残していくアクションを具体的に粛々と話しました。

話を進めて行くなかでふとじぶんにかえり、この十年で何があっていつが一番面白かったかと問うと、面白さといのは「質」が変わるという事に気がつきました。まだぜんぶ言葉に落とすには足りませんからあれですが、10年を深々と振り帰るのは自分は10年早いかも、という気がします。

思い出も何もかも『人の縁』という目に見えない磁力で今ここに立てているわけです。いまんとこそれが全てて感謝している事がいっぱいです。そら嫌な事もありましたし悩みもそれなりに持っているわけですが、ちゃんと風景は広がりを見せているわけです。

9月24日はどんな一日になるでしょうか。今せきしんがたくさんの事をバンドの代表として引っ張ってくれています。奄美は今、すごいスピードで変化をしていて、色々な人が島の事を思い、経済的都市開発や歴史や文化や音楽的に動いています。去年ファンダンゴのみんなと島に行きましたが、もう既に同じ風景でない場所もあります。

なにかがゴロリと動く時はたくさんのエネルギーが発生します。『縁』の磁力でどこまでを巻き込めるでしょうか。

9月21日の大阪港発の船で島へ向かいます。30時間近く乗る(笑)のですが、そういう時間も楽しみです。飛行機より安価で行けます(片道10000円くらい)。

もしもそのタイミングでばっちり行けるなら、船上で語り合いましょう。

奄美の9月は素敵ですよ。

未分類 | 07:44:07 | トラックバック(0) | コメント(1)
たなばたなばた
七夕、ですね。

全国のロマ男は今夜思いを馳せる事でしょう。

一年に一度会うってのはどんな気持ちなんだろうか。

7月6日の夜とかやっべーんだろな、前日の夜だしテンションあがりまくるんだろうな、「去年より太ったね」なんて言われないようにダイエットとかするんだろうか(笑

ひさびさに会えるのなら、もう天気は雨でもなんでも関係ないよね、傘差すのも、雨宿りですら、いいよねきっと。

最近ドキドキしてますか?

『モートシダカラ…』てな呪文を使えるようになった同年代が多くなってきました。

いつからともなく『TxOxSxI』の呪文を唱え始めると、たちまち自分の羽が縮んでいくと同時に不思議な連帯感が得られるというなんともファニーな呪文です。

結婚の事を考えたり、好きな事をしつづける為に就職する事は『トシ』ではありません。キラキラする為に不自由を片手に持つのはめっちゃ面白い事じゃいかと、僕は思います。RPGの主人公は剣と楯持って冒険に出るからね。たまに二刀流の人おるけど(笑)攻めは究極の守り的な、そこまでいけたらやっばいですね。
憧れます。

激流の中で自分と向き合っていきます。良い自分、悪い自分、年月を経る度に細かく枝分かれしてたくさん出てきますが、そのどれもにその人らしさがある気がします。

よくよく考えると嫌いな人がいません。

近くの人も、そうでない人も、一年に一回しか会えない人も、ぜんぶ愛情で包めたらと思う、そんな雨降りの今日です。

人知れず泣くなら今しかない(笑
どうせならすっきりするまで思いっきりいこ。したら「は~泣いた泣いた」ってひとりごちてニヤリですよ。

「トシ」の呪文より「感情ブルブル」がおすすめ。


次のライブ、9日アメ村神楽は新世界リチウムレコ発です。彼らは筋金入りのロックバンドです。魂を爆発させに大阪にやってきますので、お時間あれば是非。我々も突き抜けます。

良い夜を☆

未分類 | 13:24:05 | トラックバック(0) | コメント(3)
チャップリンに会う-clown s crown-
『ばっきゃろー時事ネタは過ぎ去ってからが旨味がでるってもんよ。』


。。すみません。

ひさびさ、更新します。

こないだのお話から。

6月19日、来ていただいたあなた、そして協力してくれたみんな、本当にありがとうございました。

敢えて表だって伝えなかっのですが、僕の個人企画でした。10年バンドやっててあれですが、個人企画をしたのは初めてのことで。始まりは明日、照らす村上くんから『弾き語りの音源出すので大阪で一緒にやれないかな~と思ってるんです』て連絡くれたことからでした。

バンドマン友達としてもかなり好きな人だし何より彼の作る音楽のいちファンなので、これはなにか面白い事できるんじゃないかと思いせきしんに話をしてオファーを受けました。

最近好きな場所や好きな人が自分の回りにたくさんいるというとても幸せな状態な事もあって、一番面白いと思う選択肢をすべて選んで村上くん(さよなら三角)のリリースをお祝いできたらと企画に踏み込んだわけです。イベント名はいつもさよなら三角が銘打つ『~に会う』を借りて。

ぼくの大阪歴史上ほとんとお世話になってる中津。素敵な人や面白スポットが多数あります。(最近はゲイが多いという噂を耳にしましたがそれは今置いといて)
『なんでもありがコンセプトで、え~と高架下を改装して大きな喫茶店にしてて、劇団の練習なんかもしてるし、たまに猫がいて、あ!あと卓球台、卓球台あるから!!』

という謎の説明になってしまうピエロハーバーという会場を今回使わせていただきました。

説明下手なのもあって、当日まで村上くん絶対不安だったろうなと思う。

レンタルしたPA機材を会場に搬入して、僕と当日PAを快諾してくれたシンディー君がせかせかと準備してた所に、ふらりと会場入りした彼の顔がニヤニヤしてしまっているのがマスク越しでもわかって、らんらんとした目は秘密基地を見つけた少年のような表情で

「ここすげえっすね、なんすかここ!」

て言ってくれた時はすごい嬉しかった。

リハ後も歯磨きしながら店内をぐるぐるしてて、興味津々なのがわかった。近寄ったり遠ざかったりすると発見がそれぞれあるんだね、わかる、わかるぜ。店員さんに「他のお客さんがいる前で歯磨き禁止」て怒られてたけど(汗

説明すると伝わりづらくなる場所(笑)なので、もしよかったら今回これなかった方は是非行ってみてください。普通にお茶するだけでも楽しいから。デートでもいいし、一人でも全然いけるから。

この日でてくれたさよなら三角ともう一組、Mr.ピエロックは去年出会ったミュージシャンで、音楽愛に溢れた素敵な人。そこにギターがあれば彼はつまびくし、ピアノがあれば叩いてしまう。触れた楽器が世界に愉快を加えて、すべてを愛せるような喜劇の一幕になるという素晴らしいミュージシャンです。

普段はストリートでふらりと現れたり、ライブハウスから離れた場所で活動していて『バンドっぽい』動きは全くしていないので、ホームページもありません。次に何をするかの予定はハロウィンにピエロハーバーでイベントをするらしい!て事くらいです 笑

練習は河川敷と中津の高架下。ムーディーなトランペットの音色が聴こえたら近くに喜劇の入り口があります。
彼の夢はピエロになる事、名古屋に大道芸の学校があるらしく、週に一回大阪から車で通ってるとの事です。情熱や姿勢は現代人の水準をとっくに通り越した所で彼は生活しています。生活そのものが芸事になっている話を聞く度にドキドキわくわくします。

僕も顔を白く塗ってみたりして、なんでもありの空間ができたらとやってみました。

来てくれたあなた、どないでしたでしょうか。

それこそ『なんかめっちゃおもしろかった!』みたいな、カタチにならないものが残れば最高であります。

村上君の目も、ピエロックのステップも、せきしんの愛ある野次も、みんなの踊る姿も、手拍子も、ぜんぶぜんぶ忘れません。


本当にありがとうございました。


や~しかし企画って大変 笑

でもまたやりたいです。

未分類 | 12:52:05 | トラックバック(0) | コメント(0)
核心と言葉
とどのつまり、君が笑えば解決する事ばかりさ

が最近ずっとリフレインです。

何度もここを開いてくれたあなた、ずっと書いてなくてごめんなさい。

日々文字に着地させるのは結構好きな方なのですが、頭の中でもう一周させる事も最近は多いです。

言葉はおもしろいです。
感じ方も質が違えば同じ言葉にならない。あとは橋を渡すか造るか、その境界線をぼくらは行ったり来たりしてる気がします。

橋の素材(説得力)は人間経験値で。でも足し算で積み上げる意識じゃなくて、余分なとこを-1してあげるだけでいきなり100までなったりする事もあるかもしれません。

でっこぼこでも気にしないで。そのまんまでいい。そのまんまじゃないと身にならんて言われたら本気出してそのまんまでいったら行ってみて、合う合わんあるかもしれないけど、嫌われるかもしれないけれど、俺は好きですよ。

世間のルールとは一切違うところで、人間として絶対共通の核心は必ずある。

あなたらしさの中でいっぱいワンダーが起こります。

お決まりの自分のパターンも、あっけらかんと笑えるように、今からドキドキの方へ進んでみます。

今日は神戸で弾き語りです。出番は少し遅めなので、仕事終わりでも、もしよかったら来てください。

良い音楽と良い夜を、共に過ごしましょう。

未分類 | 00:23:34 | トラックバック(0) | コメント(2)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。