スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
5月6日の日記(そのつもりで読んで下さい)


非常に充実したゴールデンウイークでした。なんというか「もっと遊びたい!!」って思ったのは結構ひさびさです。単なる飲み食いではなく、心と頭がいっぱい汗かく感じ。

2日、shelterでは久々!!という人とたくさん話せたような気がします。みんなちょっとずつ大きくなっていきます。当たり前ながら、やはり毎度、会えるのは嬉しい。「ちょっともうあれだ打ち上げ参加するか別で最近どうだ話しに行くか。」と言いたくなるくらいです。いつも来てくれてありがとう。久々すぎてお互い会話に一瞬困る時間すら愛おしいです。夏、また行くす。それまで話の種をためつつ、少し待っててください。

打ち上げではつるうちはなちゃんとSHELTER平子さんと我々でちょんぼり飲んでいる所にロストインタイム海北さんがまず乱入。それからせきしんにツイッター講座を開講。
それから440にて岩崎愛ちゃんが、風知空知にてオトナモードさんが、それぞれイベントの打ち上げをしてるとの入電があって、海北さんと「下北パトロール隊」と称してそれぞれの打ち上げ場所へ。岩崎愛ちゃんチームの確保に成功してそのままshelterに引っ張り戻し(笑)戻ったら下北の尊師ミヤザキさんとERAのスタッフさん方がいて、我々の帰りの遅さにせきしんがすねとって、みんななぜか不思議な言葉遣いになっていました。

「モト、ノムネ!!」

「シモーキタノ、エラーワ、ソンナモンカー!!」

「これが下北だー!!」

とわずか二時間でJACK DANIELが2本空きました。

その後の事はみんな記憶の彼方に捨ててしまったようです(笑

爆発したなぁ…と思いながら、気がつけば朝、そしてみんないなくなっていて、俺とSHELTERのスタッフさんとで昔懐かしスーパーヨーヨーで朝バスの時間までシュルシュルと遊びました。

それから東京でちょびっと遊んで、行く方無く東京駅は八重洲のビル街で夜にぴろぴろとギターを弾いていると、

「お!?なになに弾き語り!!??」

と前歯の無い40代男性が話かけてくれました。

どうやらその男性ばゆ○"以降のフォークシンガーを認められないらしく、最近は滅多に立ち止まって聴く事なんかないのだが、弾いている場所があまりにマニアックだった為(90%オフィス街)、どれどれ的な感情になったそうです。

漫画喫茶にでも行こうと思ってましたとは言えず、特に路上に向けてアピールをしていたわけではないので、何となく世間話を20分ほどしました。

「音楽が好きなんですか?」

「好きだねぇ。昔は毎晩のように行ってたもんだよ。」

「おぉ、どっか行きつけのとこあったんですか?」

「渋谷。でも最近はいかねぇなぁ。こないだ一日で三回職質くらっちゃってさ、横断歩道を走って渡ったらいきなり後ろから警官が追っかけてくるんだよ?『さっきなんで逃げたんだ』っつってさ…おれは急いで渡りたかっただけなんだよ」

…おぉ。

ちょっとそれは想像ができるぞ。

でもたぶん悪い人ではないのでそのまましばらく世間話をして、ちょうど座っていた向かいの中国系マッサージ屋の裏側について教えてくれた所で

「いっけね。仕事だ。」

といって去って行きました。結構夜も深めの時間でしたので、いったい何の仕事をしてるんだろか。。と後ろ姿を見送りながら、東京の出会いを噛みしめました。

おれ、島にいる時は都会に来たら絶対曲がり角でぶつかった人と恋に落ちる的なヤバめの妄想を持ってましたので、あながちこういうのは嫌いではないです。

いつか痛い目見そうですけどね…こういう場所にじっくり居座れるのは男の得してるとこだと思います。

その後東京→銀座→新橋と数キロ歩いて、ようやく寝床を発見し一休み。

起きてそのまま名古屋へ。

さよなら三角プレゼンツ
『藤村典子に会う』

゙会う"シリーズのテンコさんの回。

某有名事務所に勤務されていて、対バンの高橋 優君、そして僕らに近い所でDOOKIE FESTAを担当しているテンコさん。

あっち側でなく確実にこっち側の人(変な表現ですが)で、ゆえにバンドマンからすごく好かれています(ゆえに大変な事もたくさんあると思いますが)。

この日の出順は村上君が最後まで悩んでいて、ハコ入りして挨拶したらまだ「どうしよっかなあ…」と頭を掻いていました(笑)

ほんで衝撃の一番目!!にさよなら三角。

村上友哉という人は本当に興味深いです。

器用と不器用と賢明と懸命の間を行ったり来たり。

いたずらに笑う顔と本気か冗談かわからん発言が最高です。

曲の中に、節目節目に表れるそれらはいつも聴いている人を巻き込んでいきます。

この日も良い顔してました。

んで僕らの出番、新曲含む一連のセットリスト。


以前より゙ぐっ"とできる部分が増えてきたように思います。基本的な事含め、もっとぐっと、巻き込んでいく力をつけます。アンケートあります。随時書いていただけるとうれしいす。

そしで会う"シリーズ初、トークショー。

藤村典子さんと村上君のトークは、たどたどしさもありながら、だいぶほんわかしていましたね。お客さんにリアクションを投げたり、典子さんに無茶ぶりする場面もありながら、トリの高橋優君へつなげていくわけですが、何よりこれからのHUCKFINN FACTORYが名古屋のロフトプラスワン的に、サブカルの発信基地になっていくのを想像して、これはかなり面白くなると思いました。

文化人との絡みはいつだって面白いからね、ピンとくるものがあればいつ遠征しても見る価値ありです。

トリは高橋優君。

ライブ観てる回数は少ないけれど、この日は最高のライブでした。

唄とギターとMCと弾き語りという直列の空間をすべて彼のものにしていたと思います。

「良いっ!!!」

とうなずきながら、飲んだビールはとても美味かったです。ワンマンでみたい。あとバンドセットも。

輪のある一夜でした。

写真は後から来て一番楽しんでたiGO茜谷さん。

また行きますよ。今月末。

楽しみにしててください。
スポンサーサイト


未分類 | 05:10:43 | トラックバック(0) | コメント(1)
コメント
素敵でした。
磐田ぶり。下北、行けて良かったです!!(知ったのが直前だったので)。
シェルターでゆっくり見れるなんてね。
良い雰囲気で幸せでした。

新橋(会社)→銀座→東京駅
私の日々の散歩道、ここに反応してしまいました~。
2010-05-13 木 00:12:08 | URL | なお [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。